炭酸水とハイボールの歴史4/アイスクリームとコラボ

シリーズ4回目は、アメリカでソーダ・ファウンテン(炭酸水のディスペンサー)がドラッグストアの一角で大きな地位を獲得し、憩いの場となっていくお話し。アイスクリームと結びついて、クリームソーダが大人気となる。時代はバーボンが頭角を現し、ビーム家の「オールドタブ」がナショナルドリンクへと伸長しようとしていた。

続きを読む